能代市風の松原植物調査

植物名一覧表
科別一覧表
更新履歴
風の松原の成り立ち
風の松原に守られる人々の会 ボランティア活動
ルーペの会観察記録
シダの会観察会
参考図書
登山記録
リンク集



ハルガヤ(春茅) (イネ科)多年草。


路傍や庭園、原野などに生育し、やや密に群生する。茎は細く柔らかく、普通全体に開出毛がまばらに生え、叢生し直立する。

高さ20〜50cm。葉は長さ5〜10cm、幅3〜6mmの線形。柔らかく、両面に長い毛がある。葉舌は鋭形、長さ2〜2.5mm。葉鞘は無毛。

花序は円錐状で花序の枝が短いので穂状に見える。長さ3〜7cm。小穂は線状披針形、長さ8〜9mm、光沢があり芒をつける。1小穂3小花であるが、第1と第2小花は退化して、護穎のみとなる。
花期には第2包穎の先に、退化した第2小花の芒と第3小花の2本の柱頭が現れる。第3小花は両性、護穎と内穎は平滑、無毛。

果実は長さ1.4〜1.7mm。

花期は5〜7月。ヨーロッパ原産。



01.ハルガヤ 時季になると風の松原内一面に生育します。




02.ハルガヤ(春茅) (イネ科)多年草。路傍や庭園、原野などに生育し、やや密に群生する。茎は細く柔らかく、普通全体に開出毛がまばらに生え、叢生し直立する。高さ20〜50cm。葉は長さ5〜10cm、採取した個体丈50cm。右写真は株状のものを1本にしたものです。節1本の茎に1ヶ所蟻そこで曲がり立っている。根の力は強い。1本の茎に葉は3枚しかつかない個体。




03.10年11月17日 ハルガヤ 茎はイネ科特有で節で曲がる。節は薄い赤褐色で肥厚する。




04.10年11月17日 ハルガヤ 葉は線形。葉の表裏とも有毛。葉の縁は笹の葉と同じで手が切れそうです。先端とがる。葉質は柔らかい。




05.14年05月20日 ハルガヤ 養生口部は完筒型で葉耳に毛ががある。膜質の葉舌が確認できる。




06.14年05月20日 ハルガヤ 葉舌の個体差。葉舌は膜質で三角形をしている。長さ2〜4mm。




07.10年11月17日 ハルガヤ 花序は円錐状で花序の枝が短いので穂状に見える。




08.14年05月20日 ハルガヤ 写真左側は雌しべが目立つ。写真右は雄しべと雌しべが受粉開始。




09.14年05月21日 ハルガヤ 雄しべだけの小穂。雄しべ葯の長さ4mm。




10.14年05月20日 ハルガヤ 雌しべ裏表の記録。子房と雌しべを取り出したものです。雌しべの長さ10mm。子房は5mm。雌しべは7mmの長さの個体。雌しべの花柱には毛がある。雌しべは2個。小穂の第二苞穎から2個の雌しべがでている。




11.14年05月21日 ハルガヤ 雄しべ。A=葯で長さ4mm。B=花糸白色で無毛。C=子房。




inserted by FC2 system