能代市風の松原植物調査


サイカチ(?莢) (マメ科)落葉高木。


河岸や野原の水辺に多い。社寺に植えられることもある。高さ約20m直径1mになる。

樹皮は黒褐色〜灰褐色。いぼ状の皮目が多く、老木では縦に裂け目が入る。
幹にも枝にも鋭い棘がある。棘は枝が変形したもので、何回も分枝を繰り返す。
棘の分岐点には葉痕の名残がある。

冬芽は半球形で小さい。芽鱗は4〜6個あり無毛。
本年枝の側芽は縦に2個並び、上側のものはその年に伸びて棘になり、下側のものが冬芽になる。担子はほとんど伸びないので、冬芽は固まってつく。
葉痕はハート形。維管束痕は3個。

葉は互生。
短枝につく葉は1回偶数羽状複葉で、長さ3.5〜5cm、幅1.2〜2cmの小葉が6〜12対つく。
長枝につく葉は2回偶数羽状複葉で、4〜8対の羽片があり、各羽片には小葉が6〜10対つく。
短枝の小葉より小さく長さ1.5〜2cm。
長枝の基部につく葉では一部2回偶数羽状複葉が混じる。

花は雌雄同株。
雄花、雌花、両性花がある。
5〜6月、短枝の先に長さ10〜15cmの穂状花序をだし、径7〜8mmの淡黄緑色の花をつける。
花弁は4個。
雄花はやや小さく、花軸の1ヶ所に群がってつく。
雌花や両性花はややまばらにつく。花弁や萼には毛が密生する。

果実はは豆果。長さ20〜30cm、扁平で捻れ、表面は無毛。10〜11月に熟すと濃紫色になる。中には黒褐色の種子が10〜25個入っている。種子は長さ約1cmの広楕円形。

花期5〜6月。本州〜九州。

参考:同一個体を観察した結果雄花のみの年、雌花のみの年、両方とも咲く年があることがわかった。参考文献:山渓ハンディ図鑑4樹に咲く花離弁花2P122



01.09年09月05日 サイカチ 景林神社前のサイカチ。




02.09年09月05日 サイカチ 樹皮は灰褐色。皮目が多く、縦に裂け目が入る。




03.10年01月03日 サイカチ サイカチの皮目。




04.14年03月22日 サイカチ 冬芽は半球形で小さい。芽鱗は4〜6個あり無毛。




05.10年01月03日 サイカチ 葉痕はハート形。維管束痕は3個。




06.09年09月05日 サイカチ 幹にも枝にも鋭い棘がある。棘は枝が変形したもので、何回も分枝を繰り返す。棘の分岐点には葉痕の名残がある。左写真は幹から出る棘。右は1個の棘。





07.09年09月05日 サイカチ 葉は短枝につく葉は偶数羽状複葉。小葉は6〜12対ある。




08.12年06月28日 サイカチ 葉は偶数羽状複葉。左側写真は表側。右側写真は裏側。小葉は、8対〜9対の固体。




09.12年06月28日 サイカチ 葉の表側。上写真、小葉はゆがんだ楕円形で、先は鈍頭。小葉は長さ4cm幅1cm。下写真は主脈状に毛がある。




10.12年06月28日 サイカチ 縁は全縁。縁と周辺に毛がある。




11.12年06月28日 サイカチ 基部は円形〜円形に近い楔形。柄に毛があり、1mmに満たない長さ。




12.12年06月28日 サイカチ 上写真は葉の裏側全体。下写真は脈状に毛が散生。




13.12年06月28日 サイカチ 上写真、雌花正面。下写真雌花横。



14.12年06月28日 サイカチ 雌しべの花柱が極端にに曲がる。雄しべ8個。




15.12年06月28日 サイカチ 花柱は極端に曲がる。子房は緑色で無毛で曲がって、長さ9mm。柱頭は黄橙色。




16.12年06月28日 サイカチ 子房を縦に切断した断面。子房の中には種子が形成されている。




17.12年06月28日 サイカチ 雄しべ長さ4mm強で花弁より長く突き出て、花糸の下部に白く長いけがある。花弁は長さ4mmで楕円形。




18.09年09月05日 サイカチ 豆果の中の種子が逆光で透けて見える。




inserted by FC2 system