能代市風の松原植物調査


アオキ(青木) (ミズキ科) 常緑低木 雌雄異株。

明るい雑木林や植林地にも生える。上部でよく枝分かれし、高さ2?3m、直径6cmほどになる。
樹皮は緑色で灰褐色の細い溝があり、横長の皮目がある。老木は灰褐色で、縦に細かく裂ける。
若い枝は緑色で無毛。光沢がある。 
冬芽は長さ2cmほどの紡錘形。緑色で、先きの尖った芽鱗が3対あり、基部の1対は短い。
葉痕は三角形状の半円形、維管束痕は3個。
葉は対生。枝の上部に集まってつく。葉身は長さ8?25cm、幅2?12cmの卵状長楕円形。先端はとがり、基部は広いくさび形、縁の上半部に粗い鋸歯がある。
質は厚く、表面は深緑色で光沢がある。両面とも無毛。乾くと黒くなる。
葉柄は長さ1?6cmで無毛。上面に浅い溝がある。
雌雄別株。前年枝の枝先に円錐花序をだし、紫褐色の小さな花を多数つける。
雌雄とも花は直径約1cm。花弁は4個。長卵形で先端は鋭くとがる。
雄花には雄しべが4個あり、葯は淡黄色。
雌花は中央に花柱があり、雌しべはない。萼筒は長卵形で、先端に萼歯が4個ある。
果実は核果。長さ1.5?2cmの長楕円形または卵状長楕円形で12月?5月に赤く熟す。
表面は光沢があり、中に核が1個入っている。
核は長さ1.3?1.5cm、幅7?8mmの長楕円形。中央に溝がある。果実が枝についている期間が長く、しばしば花と果実がいっしょに見られる。
花期は3?4月。
北海道南部?沖縄の照葉樹林内。



01.09年04月28日 アオキ 花をつけた木ですが、風の松原内ではこのアオキの浸食が凄いものがある。直立し良く分枝し、枝は緑色をしていて太い。葉は対生。枝の上部に集まってつく。




02.樹皮は緑色で灰褐色の細い溝があり、横長の皮目がある。老木は灰褐色で、縦に細かく裂ける。若い枝は緑色で無毛。光沢がある。




03.10年04月27日 アオキ 葉の裏側から見た葉。葉身は長さ8?25cm、幅2?12cmの卵状長楕円形。先端はとがり、基部は広いくさび形、縁の上半部に粗い鋸歯がある。質は厚く、表面は深緑色で光沢がある。鋸歯は葉の上にあり下にはない。




04.10年04月27日 アオキ 葉の表裏無毛。




05.10年04月27日 アオキ 葉先尖る。




06.10年04月27日 アオキ 縁の上半部に粗い鋸歯がある。




07.10年04月27日 アオキ 葉の基部はくさび形。葉柄は長さ1?6cmで無毛。上面に浅い溝がある。




08.10年04月27日 アオキ 雄花の開花。




09.10年05月09日 アオキ 雌花は中央に花柱があり、雌しべはない。




10.10年05月09日 アオキ 矢印は、萼筒は長卵形で、先端に萼歯が4個ある。




11.10年05月09日 アオキ 花の浦佐は。矢印が萼歯と思われる。




12.10年04月11日 アオキ 熟した果実は赤色で美しい光沢がある。花期は12〜5月とたいへん長く,花期にも果実が見られる。写真下は果実半分にしたもの。




13.10年04月11日 アオキ 熟した果実を外皮内皮を剥いだもの。




14.10年04月27日 アオキ 枝は緑色で無毛。葉痕は三角状半円形で維管束痕は3個。



注:18年02月27日 全部訂正し再投稿

inserted by FC2 system