能代市風の松原植物調査


アオキ(青木) (ミズキ科)常緑低木。雌雄異株。 

山地の林下に普通に生え、庭木としてもよく植えられている。高さ1〜2mになる。

若い樹皮は緑色で、淡褐色の縦の割れ目が目立つ。老木になると灰褐色。
直立し良く分枝し、枝は緑色をしていて太い。若枝は緑色で無毛。

葉は上部に束生状につく傾向がある。
葉身は、卵状長楕円形で長さ8〜25p,基部はくさび形で先端は尖る。縁には粗い鋸歯が並ぶが、基部付近にはあまり見られない。
葉柄は表面はくぼみ、葉柄もそれに合わせて上部に溝がある。主脈は裏面に隆起する。
質はみずみずしくしなやかで、表面には光沢がある。両面とも無毛。押し葉にすると黒くなる。

茎の先の円錐花序(総状花序を複数出しているので、複総状花序と呼ばれる。)に緑色の小さな花を多数つける。花弁は4個。雌雄異株。
雄花序は長さ7〜15cmと大きく、雄花には雄しべが4個あり、雌しべは退化している。
雌花序は長さ2〜5cmと小さく、雌花には雄しべがなく、雌しべが1個ある。

核果は楕円形で、長さは1.5〜2p。熟した果実は赤色で美しい光沢がある。
花期は12〜5月とたいへん長く,花期にも果実が見られる。


冬芽は、紡錘形。先きの尖った芽鱗が3対ある。葉痕は三角状半円形で維管束痕は3個。


花期は3?5月。北海道南部?沖縄の照葉樹林内。



01.01.09年04月28日 アオキ 風の松原内に多い。直立し、枝は緑色をしていて太い。




02.08年11月05日 アオキ 若い樹皮は緑色で,淡褐色の縦の割れ目が目立つ。




03.08年11月05日 アオキ よく分枝をする。




04.10年04月27日 アオキ 葉は革質で表面は光沢がある。上部に鋸歯があって、下部に鋸歯がない。




05.10年04月27日 アオキ 葉の裏側は脈が浮きでて無毛。




06.10年04月27日 アオキ 葉の表側無毛。




07.10年04月27日 アオキ 葉先は鋭尖頭。




08.10年04月27日 アオキ 葉の基部はくさび形。葉柄無毛。




08−2.葉裏は脈が浮きでており無毛。




09.09年03月29日 アオキ 芽吹き。




10.09年04月28日 アオキ 雄花は円錐花序(総状花序)につく。





11.09年04月28日 アオキ 雄花。雌しべは退化して無い。雄しべ4個、花弁は4個で,先端が尖る。





12.10年05月09日 アオキ 雌花。オシベは退化して無い。花弁は長卵形で、花弁の縁に細かい毛がある。





13.10年05月09日 アオキ 雌花。萼筒は長卵形で先端に萼歯が4個ある(矢印)。萼筒に毛が散生。花弁の表面がザラザラする。





14.10年04月27日 アオキ 花柄に毛がある。花の付け根に萼歯がある。





15.10年04月11日 アオキ 果実。





16.10年04月11日 アオキ 外果皮は赤色、内果皮は白色、種子は白色で長楕円形。





17.10年04月27日 アオキ 葉痕は三角状半円形。維管束痕は3個。



inserted by FC2 system