能代市風の松原植物調査


アオハダ
(青膚) (モチノキ科)落葉高木で雌雄異株。


山地に生え、高さ約10m、大きいものは15m位になる。

樹皮は灰白色で平坦で皮目が多く薄く、爪で簡単に剥がれ、緑色の内皮が現れるので青膚の名前がついた。
枝は横に張りだして短枝がよく発達し、平面を構成するように葉が並ぶ。

葉は長枝では互性、短枝では束生し、長さ4〜7cmの卵形又は広卵形で膜質。先は短く尖り、縁には浅い鋸歯がある。表面には細かい毛があり、裏面は淡緑色で、特に脈状に開出毛が多い。
葉柄は長さ1〜2cm。表には光沢がないが、うら面には銀色っぽい光沢がある。これはこの木を見分けるときの大きなポイントになる。

短枝の先に径4ミリの緑白色の花が咲く。
雄花は球状に多数集まってつき、雌花は数個ずつつく。
花は径約4ミリ。花弁は楕円形で4〜5個ある。萼は4〜5裂し、縁に毛がある。雄花には雄しべが4〜5個ある。
雌花には小さく退化した4〜5個の雄しべがあり、子房は卵状球形で大形。

果実は核果で、径7ミリの球形で赤く熟す。中には核が4〜5個入っている。核は三角状楕円形で長さ約5ミリ。縦の稜がある。

冬芽は長さ1〜3ミリの円筒形。先端は尖り芽鱗は6〜8個。葉痕は半円形で、左右に微少な突起(托葉)がある。維管束は1個。

花期は5月〜6月。北海道?九州の山地の落葉樹林内。



01.11年07月01日 アオハダ 雄木。




02.09年01月29日 アオハダ 樹皮は灰白色で平坦で皮目が多く薄く、爪で簡単に剥がれる。




03.10年06月12日 アオハダ 枝は横に張りだして短枝がよく発達し,平面を構成するように葉が並ぶ。




04.11年06月06日 アオハダ 表皮の状態。緑色の内皮が現れるので青膚の名前がついた。




05.10年06月12日 アオハダ 葉は長枝で互生。




06.10年06月12日 アオハダ 葉の表裏。卵形又は広卵形で膜質。先は短く尖り、縁には浅い鋸歯がある。表には光沢がないが,うら面には銀色っぽい光沢がある。




07.10年06月12日 アオハダ 葉の表側(写真左)と裏側(写真右)。表面は無毛で脈が凹み、細かい毛がありとありますがこの個体は無毛。




08.10年06月12日 アオハダ 葉の先は鋭頭。




09.10年06月12日 アオハダ 葉の基部はくさび形で、葉柄は無毛。




10.10年06月12日 アオハダ 葉の縁は鋸歯がある。




11.10年06月12日 アオハダ 葉の裏側はやや薄い緑色をしており無毛。脈が浮き出ている。(文献では開出毛がある)




12.10年06月12日 アオハダ 葉は短枝で束生、雄花は葉腋から球状多数集まってつく。




13.10年06月12日 アオハダ 雄花には雄しべが4〜5個ある。




14.13年06月10日 アオハダ 雄花の径は約4mmで、花弁は4〜5個。




15.13年06月10日 アオハダ 退化した雌しべ。



16.13年06月10日 アオハダ 花柄の長さは12mm、薄緑色で無毛。




17.13年06月10日 アオハダ 花弁は後ろに反り返る。




18.13年06月10日 アオハダ 雄しべの長さ約4mm。花糸は白色で無毛。




19.10年06月12日 アオハダ 萼片は4〜5裂(写真は4裂の固体)し葯が山笠にのようにかぶっている。




20.13年06月10日 アオハダ 果柄は無毛。




21.10年01月04日 アオハダ  頂芽の芽鱗は6〜8個。葉痕は半円形で維管束1個。




22.10年01月04日 アオハダ  頂芽は芽鱗は6〜8個。葉痕は半円形で維管束1個。



inserted by FC2 system