能代市風の松原植物調査


アオミズ(青水) (イラクサ科)1年草。


湿ったところに生える柔らかな1年草。

茎は高さ30〜50cmでほぼ直立し赤みを帯びることもある。

葉は長い柄があり、対生し、長さ3〜10cmの卵形で先は尾状に尖る。縁にはあらい鋸歯があり、葉の3脈が目立ち、葉の縁に粗い鋸歯がある。

葉の付け根(葉腋)に細かな雌花と雄花をつける。花序には短い花柄があり、葉柄の根元に密に花を固まってつける。赤く見えるのは雄花で、緑色が雌花。
雄花は2花被片と2雄しべよりなり、雌花では雌しべ1を深く3裂した花被が包み、花被片の背面には角のような突起がある。

果実は卵形で、長さ1mmで花被片より長い。花期はは夏から秋。

類似のミズは葉柄が葉身より長く、鋸歯が葉先半分ほどにしかつかない。花も花柄がほとんどなく、固まってつく。

花期は7〜10月。北海道〜九州。



01.13年09月12日 アオミズ 丈40cm。




02.13年09月12日 アオミズ 茎全体が緑色で軟らかく水分を含む。




03.13年09月12日 アオミズ 根は長いが根張りはない。




04.13年09月12日 アオミズ 茎は無毛。




05.13年09月12日 アオミズ 茎の切断面は丸い四角。




06.13年09月12日 アオミズ 葉は対生。




07.13年09月12日 アオミズ 葉の変異。下側の葉(写真左)上側の葉(写真右)。




08.13年09月12日 アオミズ 表側の葉(写真左)と裏側の葉(写真右)。葉は卵形でミズよりやや大きい。鋸歯の数も5-10対と多い。葉の裏側は脈がはっきりしている。




09.13年09月12日 アオミズ 葉の表側は無毛です。




10.13年09月12日 アオミズ 葉先は鈍頭。




11.13年09月12日 アオミズ 葉の縁には鋸歯があり、毛もある。




12.13年09月12日 アオミズ 葉の基部はくさび形。




13.13年09月1213.日 アオミズ 葉柄は約30mmで、無毛。




14.13年09月12日 アオミズ 葉の裏側は無毛。




15.13年09月12日 アオミズ 下部につくのは雌花。




16.13年09月12日 アオミズ 雄花と雌花が混在。雄花は赤色、雌花は緑色




17.13年09月12日 アオミズ 赤く見えるのは雄花、緑色が雌花。雄花と雌花が混在する花序もある。




18.13年09月12日 アオミズ これが雄花ようです。



inserted by FC2 system