能代市風の松原植物調査


イボタノキ
(水蝋の木) (モクセイ科)落葉低木。


山野の林縁にふつうに見られる。よく分枝して、高さ2?4mになる。暖地では冬も葉が落ちないことがある。

樹皮は灰白色?灰褐色。丸い皮目がある。若枝には細毛がある。短枝が発達する。幹には所々に枯れた枝が刺状に残る。

冬芽は卵形で先はややとがり、長さ2?3mm。芽鱗は3?4対あり、淡褐色?褐色。頂芽が発達しないことが多い。葉痕は半円形で隆起する。髄は細い。

葉は対生。葉身は長さ2?7cm、幅7?20mmの長楕円形で全縁。先はとがらず、まるみを帯び、基部はくさび形。質は薄く、光沢はない。
表面は無毛。裏面は主脈上に毛があるものから無毛のものまである。葉柄は長さ1?2mm。

新枝の先に長さ2?4cmの総状花序をだし、白い小さい花をつける。
花冠は長さ7?9mmの筒状漏斗形で、先は4裂する。裂片は短く長さ約3mm。
雄しべは2個、葯は花筒から少しつきでる。雌しべは短い。萼は低い4歯があり、短毛が生える。

果実は長さ6?7mm、直径5?6mmの広楕円状球形で10?12月に紫黒色に熟す。種子は長さ約6mm。

花期は5−6月。北海道−九州。



01.14年06月19日 イボタノキ 日陰地でほとんど日が当たらない所に生育しています。




02.14年06月19日 イボタノキ 幹は叢生してでる。枝についてはよく分枝する。




03.14年06月19日 イボタノキ 樹皮は灰白色で丸い皮目があり縦に裂けている。




04.14年06月19日 イボタノキ 葉は対生。葉質はやや厚く(私はそう感じた)葉の形は長楕円形。




05.14年06月19日 イボタノキ 葉の表側無毛。




06.14年06月19日 イボタノキ 葉先は尖る。




07.14年06月19日 イボタノキ 葉の縁は全縁と思われるが緩い波を打つような感じがする。また縁に毛がある。




08.14年06月19日 イボタノキ 葉の基部は完全なくさび形。




09.14年06月19日 イボタノキ 葉柄は無毛で1〜4mm程度。




10.14年06月19日 イボタノキ 葉裏の主脈状に毛が散生し側脈はあまりはっきりとしていない。




11.14年06月19日 イボタノキ 葉軸に毛がある。




12.14年06月19日 イボタノキ 花は新枝の先に総状花序を出し柄は長く細く花期には垂れ下がるように花を咲かせる。




13.14年06月19日 イボタノキ 雄しべ2個は花弁よりも短い。まだ咲き始めなのでこれからの推移の調査が必要。




14.14年06月19日 イボタノキ 花の長さ8mm。現在の所雄しべは花冠からでていない。萼片に毛がある。葉柄は1〜3mmの個体。




15.14年06月19日 イボタノキ 花を縦に半分に切断したものです。A=花弁4個。B=雌しべ1個柱頭楕円形。C=雄しべ葯。D=萼片4個で有毛。E=花柄有毛。




16.14年06月19日 イボタノキ 雄しべ花糸長さ3mm、葯はやで白色で無毛。葯は3mmで薄茶色。




17.14年06月19日 イボタノキ 葉腋に芽が出ています。




18.14年09月02日 イボタ 水分が抜けた果実ですが種子が結実していませんでした。



inserted by FC2 system