能代市風の松原植物調査


エゾノコリンゴ(蝦夷の小林檎) (バラ科)落葉高木。

樹形は高さ5〜10mになる。

樹皮は灰褐色で、成木では縦に裂ける。枝には軟毛がある。小枝は暗紫色で先はしばしば棘になり、短枝が多い。

葉は互生で、葉身は長さ4〜12cm、幅2.5〜5cmの広楕円形〜長楕円形。先端は尖り基部は鈍形又はくさび形。縁には不揃いな鋭い鋸歯がある。側脈5〜6対で先端は直接鋸歯に入らず。花の頃までは両面に毛があるが後に表面は無毛で、裏面の脈状や葉の縁には毛が残る。葉柄は長さ約3cmで、花期には軟毛があるが後にほとんど無毛。

花は5〜6月、短枝の先に散形花序をだし、径3〜4cmの白色の花を4〜6個つける。花弁は5個で、縁と内側に白い軟毛がまばらに生える。花弁は長さ2.0〜2.5cm。縁と内面に白い軟毛が散生する。雄しべは約20個で長さ8〜10mm。花柱は普通5個(時に3〜4個)で、中部に白い軟毛を密生する。萼筒は長さ4〜5mmで無毛。萼片は萼筒よりやや長く、萼裂片は狭長卵形で、長鋭尖頭で、長さ6〜7mm、幅1.5〜2mmで、開出又は反曲し、外面無毛で、内面に白い軟毛が密生する。

果実はナシ状果で、径約8mmの球状で、9〜10月に熟す。

花期5〜6月。北海道本州中部以北。



01.16年05月09日 エゾノコリンゴ 樹形は鋭い三角錐のような感じに見受けられ枝も斜上する。




02.16年04月06日 エゾノコリンゴ 蔓に巻き付かれたせいか幹が曲がって生育している。枝の張りだしは水平かやや斜上して伸びる。




03.16年04月06日 エゾノコリンゴ 幹の樹皮はネズミ色で、変わった形の皮目がある。




04.16年04月06日 エゾノコリンゴ 写真上、枝は幹と同じでねずみ色で点状の皮目。写真下は、前年枝でくすんだ緑色をしており茶色に点状の皮目がある。




05.16年05月09日 エゾノコリンゴ 下から見た葉。葉は互生。




05−2.13年06月0日 エゾノコリンゴ 葉は互生で、短枝から5〜10枚の葉をつける。




06.16年05月09日 エゾノコリンゴ 葉は卵形(長楕円形)で長さ30〜70mm、巾20〜43mm、柄の長さ10〜30ッm程。写真下は標準的な葉の表裏。




07.16年05月09日 エゾノコリンゴ 葉の表に毛がある。




08.16年05月09日 エゾノコリンゴ 葉先は鈍頭から尖るものまで。




09.16年05月09日 エゾノコリンゴ 鋸歯がああり、縁全体に毛がある。。




10.16年05月09日 エゾノコリンゴ 葉の基部は円形〜楔形。





11.16年05月09日 エゾノコリンゴ 葉柄の縁に毛がある。




12.16年05月09日 エゾノコリンゴ 葉の裏側に毛がある。




13.16年05月09日 エゾノコリンゴ 沢山の花を担子から出し総状につけ4〜6個つく。




14.16年05月09日 エゾノコリンゴ 担子の先につけた花。




15.16年05月09日 エゾノコリンゴ 花の径50mm程。




16.16年05月09日 エゾノコリンゴ 花弁卵形でで白色、又は多少ピンク色。長さ20mm、巾13mm程。花弁の縁に軟毛はなし。




17.16年05月09日 エゾノコリンゴ 花柄30mm程で毛がある。




18.16年05月09日 エゾノコリンゴ 萼片5個。萼片三角形で表、内側とも毛があり長さ7mm程。




19.16年05月09日 エゾノコリンゴ 花の内部。A=雌しべ5個。B=18本ありました。C=短い雄しべはどの個体wお見ても5個。




20.16年05月09日 エゾノコリンゴ Aー雌しべは雄しべよりも突き出ている。B=雄しべ。C=短い雄しべ。




21.16年05月09日 エゾノコリンゴ 雌しべ長さ10mm程。この白いものは伏毛 ?。




22.16年05月09日 エゾノコリンゴ 雌しべ柱頭。




23.16年05月09日 エゾノコリンゴ 長い雄しべ10mm花糸白色で無毛。葯茶色。短い雄しべ5個で花糸白色で無毛で葯が大きく薄い黄色。




24.16年05月09日 エゾノコリンゴ 子房に毛があり、子房の中に種子が入っている。




25.16年05月09日 エゾノコリンゴ 長い雄しべと、雌しべを取り除いて子房を縦に切断した断面。この短い雄しべ5個はこれから成長して長くなるのか。それともこのままで終わるのか解りません。




26.16年05月11日 セイヨウリンゴ まだ若い花には短い雄しべが5個ついている。矢印雌しべ。これを追跡調査してみた以下2枚の写真で、27と28の写真です。




27.16年05月11日 セイヨウリンゴ 散り際の短い雄しべ。短い雄しべの黄色の葯は1本だけしか見えない。丸印は、他の短い雄しべ4本は大分長く発達している。矢印小さい葯。




28.16年05月11日 セイヨウリンゴ 花弁が散ってしまった個体は短い雄しべは周囲の雄しべと同じく発達し判別つかず。僅かに葯が大きいのがそうです。矢印は雌しべです。どうしてこのような形をとるのか疑問です。3




29.16年05月16日 エゾノコリンゴ 子房の横断面ですが、子房は5室ある。種子が入っている。



inserted by FC2 system