能代市風の松原植物調査


オニイタヤ(鬼板屋) (カエデ科)落葉高木で雌雄同株。


生育地はイタヤカエデ類の中では耐陰性が強く、湿り気のある土地を好む。
樹皮は、灰褐色。縦の浅い割れ目が目立つ。

葉は対生。葉身は長さ10〜25cm幅6〜14cmで、掌状に5〜7裂する。。裂片の幅はイタヤカエデより広く、先は尖る。表面は普通無毛で光沢がない。裏面は全体に短毛が多い。

雌雄同株。ひとつの花序に雄花と両性花が根生。
4〜5月、黄緑の花をつけ木全体が淡黄色になる。

果実は翼果で、翼は直角〜鋭角に開く。よく似たアカイタヤの葉の大きさは8〜15p葉裏も無毛。イタヤカエデは葉の大きさ6〜14p脈腋に淡黄褐色の毛がある.

花期は4〜5月。北海道(日高地方)〜九州。



01.14年05月07日 オニイタヤ あまり環境のよいところではありません。周囲の高木に光を遮られています。(記録出来た分だけ投稿します)





02.14年05月07日 オニイタヤ 葉は互生でこの個体は6裂しているようです。




03.14年05月07日 オニイタヤ 雄しべはどうもよく解りませんが8個のようです。写真でようは花の時期も終わりでようやく見つけましたが、葯も落ちてしまったものもあるようです。雌しべは1個。




04.14年05月07日 オニイタヤ 雄しべ8個。雌しべ柱頭は2中裂しているように見えます。




05.14年05月07日 オニイタヤ 花の裏からですが花弁は普通10個と思うのですが9個でした。萼と思われる所に毛があります。




06.14年05月07日 オニイタヤ 花を縦に切断してみましたが、もう翼果が誕生していました。




07.14年05月07日 オニイタヤ 上は1個の花2cm。下は花柄の上部に毛がある。




inserted by FC2 system