能代市風の松原植物調査


イタドリ
(虎枝) (タデ科)多年草。


日当たりの良い荒れ地や斜面に生え、雌雄異株。
高さ0.5〜1.5m。根茎を横に長く伸ばし、新しい苗をだす。
茎は太く、中空で、はじめは紅紫色の斑点がある。

葉は互生し、卵形〜広卵形で長さ6〜15cm、先は急にとがる。托葉鞘は長さ4〜6mmで早く落ちる。葉腋から枝をだし、その先に小さな花を多数つける。

花被は白色〜紅色で5〜6裂する。外側の(外花被)3個は大きくて背面に突き出し翼がある。雄花には雄しべが8個あり、花被より長く、雌しべはごく小さい。雌花には3個の花柱があり柱頭は細裂し、雄しべはごく小さい。

花のあと雌花の外側の花被片3個は翼状にはりだし、そう果を包む。花が済むと雄花は散り落ちる。そう果は2〜3mmの3稜形で光沢のある黒褐色。

花期は7〜10月。北海道〜九州。



01.14年08月13日 イタドリ 日当たりのよい環境で生育。




02.14年08月13日 イタドリ 採取した資料ですが何回も刈り払いされており丈は50cm程度で地這するように生育している。→は刈り払いされている茎。




03.14年08月13日 イタドリ 根は横走して増植している。




04.14年08月13日 イタドリ 茎は葉の出ている所でクネクネ曲がって伸びる。




05.14年08月13日 イタドリ 葉柄は赤く、茎は緑色。




06.14年08月13日 イタドリ 茎と包葉と花柄。




07.14年08月13日 イタドリ 茎の表側は赤褐色で裏側の茎は緑色。




08.14年08月13日 イタドリ 葉は互生。




09.14年08月13日 イタドリ 左側は下側につく葉。右に行くほど上側につく葉の変異。




10.14年08月13日 イタドリ 標準的な葉は卵形〜広卵形で長さ6〜15cm。




11.14年08月13日 イタドリ 葉の表側無毛。




12.14年08月13日 イタドリ 鼻先鋭尖頭。




13.14年08月13日 イタドリ 葉の縁に鋸歯があり、毛もある。




14.14年08月13日 イタドリ 葉の基部は切形で葉柄の長さは25mm程度。




15.14年08月13日 イタドリ 葉の裏側無毛。




16.14年08月13日 イタドリ 葉柄に短毛がある。




17.14年09月12日 イタドリ 沢山の雄花。




18.14年09月12日 イタドリ 雄花は花が済むと散り落ちる。




19.14年09月12日 イタドリ 雄花は花弁を欠き萼は深く5〜6裂する。雄しべ8個。下の写真は雄花で花弁に見えるのは萼。




20.14年09月12日 イタドリ 沢山の果実をつけている。




21.14年09月12日 イタドリ まだ若い果実。




22.14年09月12日 イタドリ 果実は長さ16mmの固体で下はまだ若い果実。




23.14年09月12日 イタドリ 果実は3裂片で、3つの翼がある。果実を立てて記録。



inserted by FC2 system