能代市風の松原植物調査


コナスビ(小茄子) (サクラソウ科)多年草。


平地から山地の道ばたや草原に普通に生える小さな草。
茎はやや地に寝て軟毛がある。

葉は対生し質は薄くまばらな短毛がある。葉の長さは1〜2.5cm幅1〜2cmの広卵形で先は短く尖る。

花は葉液に1個ずつつき花冠は深く5裂して平開し、黄色で径5〜7mm。雄しべ5本は花冠の裂片と対生する。

果実は球形で径5mm、深く裂けた萼に抱かれ内に少数の種子がある。

種子は長さ1mmあまりで黒色で全面に凸点があり光沢を欠く。

花期5〜6月。日本全土。



01.14年06月08日 コナスビ 午後は花が閉じていたがようやく開いているのを見つけた。茎は地べたを這うように見え斜上する。







02.14年06月08日 コナスビ 採取した資料は丈15cmの固体で根元から枝分かれしてしている。







03.14年06月08日 コナスビ 根は細く手でゆっくり引き抜けば抜ける程度であるが、このぐらいの固体では根張りはそれなりにある。







04.14年06月08日 コナスビ 茎に毛があり、茎の断面は円形。







05.14年06月08日 コナスビ 葉は対生。







06.14年06月08日 コナスビ 托葉はめったにみられないがある固体。







07.14年06月08日 コナスビ 葉の変異。左側〜右側に行くほど上のつく葉になります。







08.14年06月08日 コナスビ 葉の大きさは長さ1.8mm、幅1.3mm、柄の長さ7mmの個体。これは大きい葉の数値の個体です。左表側。右裏側。







09.14年06月08日 コナスビ 葉の表側主脈上に毛がある。







10.14年06月08日 コナスビ 花の先は尖るものから鈍頭。







11.14年06月08日 コナスビ 全縁。葉の縁に毛がある。







12.14年06月08日 コナスビ 葉の基部は切形。







13.14年06月08日 コナスビ 葉柄の毛があり、長さ7mm。







14.14年06月08日 コナスビ 葉の裏側脈状に毛がある。







15.14年06月08日 コナスビ 花弁5個、雄しべ5個、雌しべ1個。花の径10mmの個体。黒いのは虫が密を吸いに来ていました。下は花を横から花柄は短い。







16.14年06月08日 コナスビ 萼片5で毛がある。萼片の長さ7mmで披針形。







17.14年06月08日 コナスビ 花柄5mmで有毛。







18.14年06月08日 コナスビ 1個の花弁はほぼ円形で4mmの個体。







19.14年06月08日 コナスビ 雌しべやや薄緑で花柱無毛で長さ2mm、雄しべ花糸は3mmでやや黄みを帯び無毛で、葯は黄色。







20.14年06月08日 コナスビ 雌しべをとってみた子房部。







21.14年08月07日 シダの会 コナスビ 果実。そういえば私も記録を忘れていました。




inserted by FC2 system