能代市風の松原植物調査


サワシバ
(沢シバ) (カバノキ科)落葉高木。雌雄同株。


山地の谷沿いなどに生える。高さ約15m径20cmほどになる。

樹皮は淡緑灰褐色で、菱形の浅い裂け目ができる。
本年枝は淡褐色で柔らかな細毛が生える。皮目はやや不明瞭。
2〜3年枝は滑らかで光沢があり灰白色の楕円形の皮目がある。

冬芽は長さ7〜14mmの紡錘形で先端は鋭く尖る。上から見るとクマシデより角張っていて四角く見える。芽鱗は20〜26個。葉痕は半円形。

葉は互生。長さ6〜15cm幅4〜7cmの広卵形で。先端は急に鋭く尖り、基部は深いハート形。
縁には不揃いな細かい重鋸歯がある。
側脈は15〜20対あり主脈から直線的に伸びる。側脈は裏面に突出し裏面脈状には長い伏毛がある。
葉柄は長さ1〜2cmで軟毛が多い。

花は4〜5月に新芽の展開とほぼ同じ頃に咲く。
雄花序は緑黄色で長さ5cm、前年枝から垂れ下がる。雄花は苞の下に1個ずつつく。
苞は卵状楕円形で縁には長い毛がある。雄しべは4〜8個。

雌花序は本年枝の先端や短枝の脇から垂れ下がる。
雌花は苞の内側に2個ずつつく。
苞は卵状披針形で縁には長い毛がある。
雌花の基部には小苞がある。小苞は花の後大きくなり、葉状の果胞になる。

果実は堅果。8〜10月に熟す。果穂は長さ4〜15cm、幅2〜4cmで葉状の果胞が密生する。
果胞は長さ1.8〜2.5cmで縁には不揃いな鋭い鋸歯がある。
堅果は果胞の基部につき長さ5mmの偏平な卵状楕円形。表面には10〜12個の縦の筋がある。

花期4〜5月。北海道〜九州。



01.11年11月11日 サワシバ 風の松原内では初めて見る木です。水分の多い谷沿えの湿地に生えるとありますがここはそうでもありません。




02.11年11月11日 サワシバ 樹皮は灰褐色で浅い菱形のさけめができる。




03.12年05月23日 サワシバ 葉柄の所でクネクネ枝が曲がる。葉は互生。




04.12年05月23日 サワシバ 一つの葉身から3個の葉が出る。




05.11年11月11日 サワシバ 葉の裏表側ですが、葉は洋紙質です。葉身は卵形あるいは楕円形。




06.12年05月23日 サワシバ 葉の表側にまばらだが白い毛がある。




07.12年05月23日 サワシバ 葉の先は尾状に尖ります。




08.12年05月23日 サワシバ 縁に細かい重鋸歯がある。




09.12年05月23日 サワシバ 基部は心形。




10.12年05月23日 サワシバ 葉裏に毛がある。




11.12年05月23日 サワシバ 葉柄にはまばらだが毛がある。




12.11年11月10日 サワシバ たわわに実った果枝。果枝はシデの中では最も長い。種子を抱いた苞鱗が、穂状になったもの。




13.13年05月11日 サワシバ 高いところに雄しべと雌しべがついていましたので望遠で記録。赤線の緑色のものが雌しべの花枝。黄色が雄しべの花穂。




14.13年05月11日 サワシバ 雄しべは花粉を出し終わりました。雌しべですがまだ未熟な雌しべ。花枝には必ず枝先に雌しべ、その手前に雄しべがつきます。




15.13年05月11日 サワシバ 雄しべは古い枝につきます。雄花序の長さは9cm程度です。




16.13年05月11日 サワシバ 苞の縁にもの凄い毛がある。




17.13年05月11日 サワシバ 雄しべを横に切断した断面です。




18.13年05月11日 サワシバ 雄しべを縦に切断した断面です。




19.13年05月11日 サワシバ 苞を取り覗いた1個の雄しべ。葯の先端から白い毛を出しています。




20.13年05月11日 サワシバ 雌しべの花枝が枝先にぶら下がっている。




21.13年05月11日 サワシバ 写真上は、出始めの雌しべ。写真下は、雌しべのつく枝は前年枝の緑色の枝先につく。




22.13年05月11日 サワシバ 今の時期の花穂の長さは、長いもので65mmでした。花柄の長さは35mm程度。




23.13年05月11日 サワシバ 写真上は、今の時期だけと思いますが、花柄に包葉と思われる葉がついています。写真中は、包葉と思われる葉ですが12mmで、針形で先の方に毛があります。写真下は花柄にはまばらではあるが白く長い毛がある。




24.13年05月11日 サワシバ 雌しべを横に切断してみた断面です。花枝の芯は三菱模様。




25.13年05月11日 サワシバ 雌しべを縦断面。白いのが雌しべです。白い毛があるのが苞鱗の基部の毛です。




26.13年05月11日 サワシバ 苞鱗の裏側にある雌しべ花柱2本は白く毛がある。




27.13年05月11日 サワシバ 雌しべは花柱2個で、長さ6mmで花柱には毛がある。上部に将来種子(堅果)になる緑色の子房がある。




28.13年05月11日 サワシバ 左は苞鱗の表側。苞鱗の表側は無毛で苞鱗半分下側に鋸歯がある。基部は鈍頭で白い毛がある。右は苞鱗の内側で無毛。苞鱗は楕円形でスプーン状。長さ15mm程度。




29.12年10月14日 サワシバ 写真左、そう果。写真右、苞鱗が開いて、果枝から種子がこぼれ落ちているようです。.




30.11年11月12日 サワシバ 写真左は、果胞の表側に毛がありそうです。明瞭な鋸歯があります。写真右は、果胞の内側ですが、堅果は果苞と包葉に包まれている。




31.11年11月12日 サワシバ 刮ハ丙は短いが、毛がある。




32.11年11月12日 サワシバ この堅果が隠れています。時期が来ると自然と落下するようです。




33.11年11月12日 サワシバ 種子は長楕円形で偏平です。写真上は熟した堅果で焦茶色で楕円形です。種子には縦縞模様がある。写真下はまだ若い堅果。




34.14年03月22日 サワシバ 長さ7〜14mmの紡錘形で先端は鋭く尖る。芽鱗は20〜26個。




35.14年03月22日 サワシバ 葉痕は半円形。




inserted by FC2 system