能代市風の松原植物調査


ソメイヨシノ(染井吉野) (バラ科)落葉高木。

高さ10〜15m、径1.5〜2mになる。成木になると枝は横に広がり傘状の樹形になる。
樹皮は暗灰色。皮目が横に並ぶ。成木では凹凸が目立ち縦に裂け目が入る。
新枝は褐色〜紫褐色で、軟毛が生える。

冬芽、花芽は長さ5〜8mmの卵形〜長楕円形。葉芽は花芽よりほっそりした紡錘形。
芽鱗は12〜16個あり軟毛が多い。
葉痕は半円形で隆起する。維管束痕は3個。

葉は互生。葉身は長さ8〜12cm幅5〜7cmの広卵状楕円形。
先端は鋭く尖り基部は円形〜切形。縁には重鋸歯があり、時に短鋸歯が混じる。
質はやや厚く、表面は無毛。裏面はやや白色を帯びまばらに毛がある。
葉柄は長さ2〜3cmで有毛。蜜腺は葉柄の上部又は葉身の基部に1対つく。

花は葉が展開する前に開花する。前年枝の葉腋に淡紅色の花が散形状に3〜5個つく。
花序には柄はほとんどない。
花径約4cm。花弁は5個で倒卵状楕円形又は広楕円形で先端に切れ込みがある。
雄しべは30〜35個。萼には毛が多い。
萼筒は壺形で下部が膨らむが、上部はエドヒガンほどくびれない。
萼片は披針形で縁には鋸歯がある。ともに毛が多い。
花柄は長さ2〜2.5cmで有毛。

果実は核果で、径約1cmの球形で5〜6月に黒紫色に熟す。めったに結実しない。

花期3〜4月。日本全土(植樹)。

参考:類似種との区別点:ヤマザクラははの裏面が白っぽく鋸歯が細かく葉柄や花の各部が無毛。オオシマザクラは葉が無毛。花序は散房状で花が白色、各部が無毛。



01.11年04月29日 ソメイヨシノ 風の松原内の憩いの広場内のサクラ。植樹されたもの。




02.11年04月29日 ソメイヨシノ 樹皮は黒い灰色で縦に裂ける。横に皮目がありごつごつした感じ。




03.11年06月04日 ソメイヨシノ 葉は短枝から促成して出て、互生です。左側が表側の葉で、右側が裏側の葉になる。




04.11年06月04日 ソメイヨシノ 葉は広卵状楕円形です。小葉ですが左が葉の表側で、右側が裏側。この個体は側脈11〜13ある。




05.11年06月04日 ソメイヨシノ 葉の表側ですが無毛。




06.11年06月04日 ソメイヨシノ 縁には鋭い鋸歯がある。



07.11年06月04日 ソメイヨシノ 葉の基部は楔形〜鈍形です。基部の矢印は蜜腺。.




08.11年06月04日 ソメイヨシノ 先は急に尖る。




09.11年06月04日 ソメイヨシノ 葉の裏側ですが、脈が白く浮きでています。文献には細毛があるとのことですが、この個体の葉の裏側は無毛





10.11年06月04日 ソメイヨシノ 葉柄は2〜3cmあり赤褐色をしています。毛があります。




11.11年04月29日 ソメイヨシノ 葉はは短枝につき、包葉から1個から5個花芽が出る。




12.11年04月29日 ソメイヨシノ 短枝に花がつく。




13.11年04月29日 ソメイヨシノ 1個の苞から3個の花芽が出ている。




14.11年04月29日 ソメイヨシノ 包葉5個で毛がある。




15.11年04月29日 ソメイヨシノ きれいに咲いた花。花弁5個。




16.11年04月29日 ソメイヨシノ 雌しべ1個で柱頭薄い緑色で雄しべより多少長く突き出る。雄しべの黄色の葯です。雄しべは30〜35個。沢山の花粉を出している。




18.11年04月29日 ソメイヨシノ 子房は楕円形で緑色。毛があるのは雌しべ花柱。




19.11年04月29日 ソメイヨシノ 萼筒に毛がある。




20.11年04月29日 ソメイヨシノ 萼片は5個。




21.11年04月29日 ソメイヨシノ 一片の萼ですが、鋸歯があつ。




22.11年04月29日 ソメイヨシノ 花柄に毛がある。




23.11年06月20日 ソメイヨシノ まだ若い果実。




24.11年06月20日 ソメイヨシノ 写真1=果肉を取り除いた内果皮は楕円形で長さ7mm。写真2=内果皮を割ったら種子が1個。写真3=種子表皮を取り除いた種子。長さ4mm。




25.11年12月07日 ソメイヨシノ 頂芽。花芽は長さ5〜8mmの卵形〜長楕円形。葉芽はは花芽よりほっそりした紡錘形。芽鱗は12〜16個あり軟毛が多い。




26.11年12月07日 ソメイヨシノ 葉痕は半円形で隆起する。維管束痕は3個。



inserted by FC2 system