能代市風の松原植物調査


アオツヅラフジ(青葛藤) (ツヅラフジ科)落葉ツル植物で雌雄異種。

木本性の落葉ツル植物。

葉は互生し、長さ3〜12cmの広卵形〜卵心形で縁は全縁又は3浅裂する。長さ2〜4pの柄がつく。

小形の円錐花序に黄白色の小さな花を開く。花弁と萼片は6個。
花弁は先が2裂する。萼片も花弁と色が同じで、花弁より大きい。
雄しべは6個、葯室はそれぞれ4個ある。雌しべは1個、子房が6個の心皮に分かれている。

花後に心皮が離れ、各々が1個の果実になる。果実は直径約6oの核果で、秋に粉白色を帯びた紫黒色に熟す。核は直径約5o、黄褐色、アンモナイトのような形をしている。

花期は7?8月。北海道、関東地方以西?沖縄の低地の草原や道端。



01.09年07月31日 アオツヅラフジ 全体。雌雄異株。



02.10年11月02日 アオツヅラフジ 大群生と果実。




03.09年07月31日 アオツヅラフジ 茎は赤褐色。




04.11年12月05日 アオツヅラフジ ツルに毛がある。




05.11年12月05日 アオツヅラフジ ツルの断面は6角形。芯に髄が詰まっている。





06.09年07月31日 アオツヅラフジ 葉は互生。




07.09年08月01日 アオツヅラフジ 葉の形は、広卵形〜卵心形で変化が多い(3裂もある)。全縁で、長さ2〜4p。




08.09年08月01日 アオツヅラフジ 葉の表側無毛。葉の縁は波を打つ。




09.09年08月01日 アオツヅラフジ 葉先は鈍頭。




10.09年08月01日 アオツヅラフジ 葉の基部は切形で、葉柄は長く無毛。




11.09年08月01日 アオツジラフジ 葉の裏側に毛がありますが、細脈まではっきりと解ります。




12.09年08月01日 アオツヅラフジ 蔓に毛があり、花は葉腋から出る。




13.09年08月15日 アオツヅラフジ 雌株の雌花。花弁は6枚で、先端は2裂。花弁の背後の萼片が6枚ある(写真では3枚に見える)。




14.11年07月12日 アオツヅラフジ 柱頭は6個。




15.11年07月12日 アオツヅラフジ 子房は緑色で無毛で、黒い模様が見える。




17.11年07月13日 アオツヅラフジ 葉の後ろの萼片(ボケ写真です)。花径5mm。




18.09年07月31日 アオツヅラフジ 雄花。




19.09年07月31日 アオツヅラフジ 雄花。雄しべは6個。




20.11年10月13日 アオツヅラフジ きれいな青色の果実。




21.09年09月20日 アオツヅラフジ 熟した果実が白い粉がふく。




22.09年10月19日 アオツヅラフジ 種子。アンモナイトの化石に似る。




23.11年12月05日 アオツヅラフジ 葉痕は楕円形。葉柄の基部は円錐状に凹む。





24.11年12月05日 アオツジラフジ 葉丙基部は円錐状に凹む。



inserted by FC2 system